不動産の窓口株式会社 > 不動産の窓口株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 【不動産の売却に】売却までの流れ

【不動産の売却に】売却までの流れ

≪ 前へ|ちょこっとリノベについて   記事一覧
カテゴリ:中古マンション 戸建

不動産売却の流れ

これから、不動産の売却を考えていらっしゃる皆さまへ、不動産の売却までの流れとポイントをご説明差し上げます。

STEP1 売却の相談
不動産売却は一生のうちで数少ない出来事です。
安心してスムーズな売却ができるよう、まずは「なぜ売却するのか?」など目的を明確にすることが大切です。

STEP2 物件の事前調査・価格査定の依頼
売却が具体化してきたら、早速事前調査開始です。
適正価格をご提案するために、不動産の細かな部分までお調べします。
不動産そのものの調査、複雑な権利関係、法令上の制限や地域特性など、安全な取引のために欠かせない調査をしっかりと行います。

STEP3 媒介契約の締結
媒介契約には、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の3種類があります。
なお、専属専任および専任契約は3ヶ月以内となり、それ以降は売主様からの申し出により更新することが可能です。

STEP4 販売活動
媒介契約の締結後は、物件それぞれの特性や流通性を考慮した上で、適切と判断した販売計画と広告計画をご提案し、販売活動を行います。

STEP5 活動状況の報告
販売活動をどのように行っていて、どういった状況にあるのかを、売主様に定期的に報告します。
安心してお任せいただけます。

STEP6 購入申込(買付証明書)の受付
購入を希望される方が見つかったら、購入申込書(買付証明書)を受領し、売却価格や条件の調整や、物件の再調査を行い、その上で契約関係書類を作成します。

STEP7 売買契約の締結
取引条件などをご理解、ご納得いただけましたら、売買契約を結びます。
不安や疑問点はここで解決しましょう。

STEP8 決済および引渡し
いよいよ買主様への引渡しです。
最後まで手続きが必要になりますが、担当者が責任をもってお手伝いします。
≪ 前へ|ちょこっとリノベについて   記事一覧

トップへ戻る